最近は強引な訪問販売業者や宅急便などを装った強盗など、玄関から堂々と入ってくる犯罪者が増えています。堂々といっても、特別な怨恨や目的がない限り、できるだけ、犯罪がスムーズに成功する環境を選んでいます。例えば、玄関が道路から見えにくいとか、塀に囲まれているとか、或いは、門から玄関までのアプローチが長いとかです。
 そこで、住まいを建てる時、防犯の見地から玄関やアプローチを考えていこうと思いました。道路と玄関の高さがいっしょだと、案外、道路から入りやすいことが分かりました。そこに人が隠れるくらいの塀があると、死角になります。さらに、門から玄関までに距離があって、植え込みなどがあると、死角になり、潜むことも簡単にできます。
 我が家は、敷地内にガレージを作る予定ですから、その分、盛り土をした上で、建物の基礎工事をしています。そのため、
地面より2m近い高さがあります。最初、道路と敷地の境に門扉を設ける予定でした。それも、重厚な金属製のものを考えていました。しかし、外部の侵入者を防ぐための重厚な門扉が、むしろ玄関アプローチの閉鎖性を高めることになることに気付きました。門扉をやめて、開放的な階段にし、階段の左右には花壇を設け、そこに季節の花を植えます。玄関は、道路と平行に設置しました。玄関の出入りは、道路からの視線にさらされることになり、自然と防犯に役立ちます。
念のため、玄関内の扉近くに防犯ベルをつけることにしました。このベルを押すと、玄関の外で、大音響がします。もちろん、防犯には完全とはいえませんが、家族の安全を守る住まいの入り口である玄関ですから、世間の視線も味方にして、防犯を強化したいと思います。

7月 19th, 2012 | 防犯 | コメントは受け付けていません。

  俗にいう泥棒に入られやすい住宅というのは、人の目が届かない死角が多く存在する住宅ではないかと思います。
 泥棒は深夜人が寝静まった頃に犯行に及ぶとは限りません。特に住宅街では日中に犯行が行われることが多いといいます。
閑静な住宅街はプライペート性を保つために住宅は庭とそれを取り囲むように塀が存在します。また昼間でも人の行き来がそれほどなく静かなため、昼間の侵入は容易いものです。しかし、立派な住宅にはしっかりとしたセキュリティ会社との契約で防犯カメラが設置されているため、泥棒は侵入にリスクが及びます。
狙われるのはこうした閑静な高級住宅街に隣接する新興住宅街かもしれません。比較的静かで昼間でも人通りが少なくセキュリティカメラの設置のない住宅は狙い目になるからです。
 セキュリティ会社との契約までとは考えないのであれば、自分たちで泥棒から家を守る対策を講じるほかないです。
 まずは住宅に死角を作らない努力から初めてみてはどうでしょうか。
高く囲む塀は低いフェンスに変えてみる。目隠しのつもりで植えた垣根の植栽の葉を間引いて隙間を作る。など、完璧に視線を遮らなくても十分に目隠しの意味は果たしてくれます。
むしろ日中でも人通りの少ない住宅街には完璧に隠す必要はないと考えます。それよりも泥棒が目をつけたくなるような要素を減らしておくほうが安全に暮らせるというものでしょう。
 泥棒は咄嗟の思いつきで空き巣に入る住宅を選ぶわけではないものです。必ず下見をしたうえで策を練り犯行に及びます。不審な人が住宅内を覗いている気配というものにも気づけるよう、住宅の囲いすぎには注意しましょう。

6月 7th, 2012 | 防犯 | コメントは受け付けていません。

この所、地域の方との挨拶をできるだけ多く仕様と心がけています。
以前にも書きましたが自宅周辺・近隣への関心やコミュニケーションが希薄な地域・住宅街ではでは空き巣や泥棒、ひったくりなどの犯罪の割合が高くなる傾向があります。
普段からの何気ない挨拶が東日本で起きた地震など有事の際に被災者同士の助け合いの心がより強くなると思います。
今現在、被災地では仮設住宅の建設が行われていますが、全ての方が建設された仮設住宅に入居できるまで最短でも半年はかかると言われています。
その間、学校の体育館や公民館などの一時避難所での生活が続くわけですが、
複数の方が一つの空間に過ごすわけですからプライバシーは保護されず、みなが気を使いながら生活していることでしょう。
避難所は近くの学校や公民館ですからやはり普段から顔を合わす人が多いことでしょう。
その時に普段から挨拶して話をすることがあった人とただ顔だけは知っている人とでは印象も助け合いの度合いも変わってくるのではないでしょうか。
また実際の被災地では昼間はお互い協力して散乱した物の片付けなどを協力しながら行い、共有できるものは惜しまず提供するという状況での共同生活を送っているようです。
また被災地では余震が続いているために自宅で生活している人なども施錠をせずに玄関を開けたままの生活を送っていることを考えると信頼関係があってこその状況だと言えます。
お互いがお互いのことを気にかけ考えながら生活できるのは普段のコミュニケーションと地域で助け合いの精神だと思います。

4月 15th, 2011 | 防犯 | コメントは受け付けていません。

賃貸物件では最近、人気はオートロックシステムを採用しているマンションや防犯を意識した賃貸物件が多いようです。
大分の土地でも例外ではありません。
なのでオートロックシステムを採用していることを物件の特徴として紹介している賃貸や分譲のマンションなどが多くなって来ている状況です。
マンション物件のオートロックシステムは居住者がインターホンの通話や映像により来訪者を確認したうえでロックを解除して建物内に入れるようにするわけです。
オートロックシステムは不要な侵入者を抑止することを目的とする設備ですが、居住者や他の来訪者の後について入館するという方法で不審者や泥棒に侵入される可能性があり実際の被害も多くなっていることは注意しなければいけない点です。
マンションの入居者はオートロックシステムが設備されているからという理由で玄関などの施錠をしない、又は忘れがちになるケースが多い傾向にあります。
これがオートロックシステムをくぐり、不法侵入の泥棒などに部屋まで侵入される要因になるので気をつけておきたい点です。
またマンションなどの賃貸物件では入居者同士の付き合いがほとんどなく、
マンション内で出会った人にもほとんど関心がなかったり、
また隣にどんな人が住んでいるかも知らないケースが多いようです。
マンションでは常に防犯意識を持つとともに、いろいろな方法を併用して防犯性を高めていくことが大切です。
オートロックシステムが設備されているから、また女性専用マンションだからといって油断して玄関扉が施錠忘れのままやベランダを開けっ放しのままといった状況を作らないようにして、侵入されにくい環境を作っていかなければなりません。
また賃貸物件でご近所との付き合いをできるだけしておく方が万が一の場合に防犯の役目になることもあります。
私の友人夫婦は転勤族で全国各地に移り住んでいるわけですが、
次も札幌で賃貸マンションを借りて住むことになりましたが、できるだけ隣戸の方たちと挨拶などのコミュニケーションをとることに心掛けているようです。
賃貸不動産の物件についても防犯についてはいつも考えておかなければいけませんね。

2月 4th, 2011 | 防犯 | コメントは受け付けていません。

もしも空き巣被害に遭ってしまったら・・・冷静ではいられないですよね。
しかしそういう時ほど冷静な判断をしなければいけません。
部屋の中は散らかされ放題になっているかもしれませんがますは何がなくなっているか、盗まれているかを確認しましょう。
金品、大切なモノや貴金属類は大抵決まった所に収納していることが多いと思うので確認できるはずです。
警察の通報することも大切ですが、ただ呼ぶだけでは場が更に乱れるだけなので取られたもの盗まれたものは何か把握することに努めましょう。
一度は空き巣に入られたら次はないだろうと何も対策しないままの方も多いようです。
私の友人は空き巣に入られた後、大分のリフォーム会社に防犯に強いリフォームをしてもらったそうです。
しかし空き巣被害に遭う方は何度となく同じように空き巣に入られている方が実は多いようです。
二度と同じように侵入されないように防犯対策を講じるようにしましょう。
どこから侵入したのかどのような手口で侵入したのかなどを把握し、二度と同じ手口で空き巣に入られないようにすることが大切です。
また玄関をピッキングなどの手口で開錠されて侵入された場合ですが、
一戸建ての場合はシリンダーごとピッキングに強いシリンダー錠やカード式の鍵に変えることをおすすめします。
大分の工務店でも新築で住宅を建てる際に使われる鍵はピッキングに強いものや二十六を薦めているようです。
通常の削り出しの鍵だと交換しただけでは再び被害に遭うことがあります。
賃貸アパートなどの場合ですと大家や不動産会社に鍵の交換を依頼しても同じ形式の鍵にしか交換してもらえないことが多いので
不安に感じる方は防犯対策を考えられた別の賃貸物件に引っ越すことも視野に入れましょう。

1月 22nd, 2011 | 防犯 | コメントは受け付けていません。

師走になり年末も近くなるとバタバタとあわただしくなってきますね。
年末年始は出ごとも多くなるでしょうから不在時の防犯を何かしら考えておかなければいけないと思います。
自分でもできる防犯対策でについてですが今回はセンサーライトや防犯カメラについて話をしてみようかと思います。
ここ最近のホームセンターでは防犯対策コーナーが設けられ、センサーライトが山積みにされていたり、防犯カメラが展示され実際にどの様に映るのかなどが見れるようになっています。
熊本に住宅を新築した友人も複数のセンサーライトを購入して玄関や裏口に取り付けたそうです。
少し前はセンサーライトも防犯カメラもちょっと手を出すには高価な商品でしたが、需要が多くなったせいかそれなりに価格も下がってきているようです。
センサーライトの場合は特別機能さえ気にしなければ1000円前後の商品でも十分に役に立つと思います。
特別な機能というと無線式で複数の位置ライトが付いたりメロディー機能や光と共に音で威嚇ができるタイプなどがあります。
予算に余裕がある方は多機能のセンサーら音を使ってみるのもいいかもしれませんね。
防犯カメラに関しても販売価格が抑えられてきているようですが、機能に関して注意をしておかなければいけません。
私が思う一番必要な機能は赤外線掃射機能です。
なぜ赤外線掃射が必要かというと夜に周辺の明かりがなくても映像が映るからです。
単純に映像機能だけの防犯カメラは夜の映像はただ真っ暗なだけです。
映像機能だけのカメラの場合はセンサーライトなどと組み合わせて使う必要があります。
自分でも取り付けられるようになったセンサーライトや防犯カメラですが付けていれば被害に遭わないと言うことではないので、
複数の防犯対策や戸締りを心がけるようにしましょう。
最近は工務店も防犯に力を入れていることが多くなっています。
工務店の集客にもつながるからでしょうが、防犯がしっかりできるのはいいですね。

12月 23rd, 2010 | 防犯 | コメントは受け付けていません。

一般家庭にも住宅用火災警報器の設置が義務化されましたのはご存知でしょうか。
住宅用火災警報器の設置対象となる場所は、寝室は全室、また2階に寝室がある場合は階段の登り切った上にも取り付けなければなりません。
火災警報機は手軽にホームセンターなどで購入することができます。
価格としては4000円ぐらいです。
複数の部屋にとるつける方用に6000円で2個パックも販売されるようになりました。
昔からある住宅用火災警報機は電源をひくために屋根裏等に配線を引かなければいけませんでした。
しかしホームセンターなどで購入できる最近の火災警報機は電池内蔵式で配線を引かなくても設置ができるようになっています。
内蔵されている電池の種類にもよりますが、だいたいの商品が5年から10年電池の取り換えなしで継続的に持続するようになっています。
また電池が切れていない確認するための紐引きや押しボタンのスイッチが付いているので確認をすることができます。
また価格は若干高くなっているのですが、一つの警報機が鳴ると他の部屋の警報機もなりだす連動型のタイプも販売されるようになりました。
設置についてですが、簡単にビス止めで設置できるようになっています。
気をつけなければいけないのは取り付ける天井や壁の後ろ側に下地の木が通っているか確認が必要となります。
コブシや天井に壁に傷をつけないようにコンコンと叩いていくと下地の木が通っている所は音が違って聞こえると思うので、確認しながら取り付け位置を決めるましょう。
新潟で新築して数年経つ親戚の家もいくつか自分で取りつけをしたとのことです。
被害も発生しているようですが「消防署から委託されて訪問しました。」などと言う飛び込みの営業が来ることがあります。
悪徳商法には気をつけましょう。

11月 15th, 2010 | 防犯 | コメントは受け付けていません。

ちょっとした心掛けがが住まいの防犯対策に結びつきます。
普段の生活の中でできることのいくつかを例に挙げてみましょう。
夕方から夜間にかけて外出する時のことですが大半の方が明かりをつけないで外出すると思いますが玄関だけではなく部屋の明かりをつけて出ると言うことも一つの防犯対策になります。
夜の外出時に周りに住宅に明かりが付いている中で一件だけ明かりがついていないのは空き巣や泥棒に標的にされる可能性は高くなります。
エコを推奨される世の中で電気代がもったいないと言われるかもしれませんがこれも一つの防犯対策なのです。
ゴミ出し関して言うと朝はバタバタしたくないからと夜のうちからゴミを出す方もいますが、夜のうちのゴミ出しも犯罪に結びつくことがあります。
ゴミは生活の反映と言われます。
ゴミの内容や量を見ることで家族の構成や生活スタイルが手に取るように分かるそうです。特に単身者の女性の場合は気をつけなければいけないと思います。
またゴミの中にダイレクトメールや携帯電話、クレジットカードの請求書などをそのまま捨てたりすると危険です。
個人情報が載っているものは極力破いたり細かく裂いたりして捨てましょう。
最近ではシュレッダーバサミなども売っているので人に見られたくない物は細かく刻んだり破いたりしてからゴミに出すようにしましょう。
帰宅が遅くなる日などは洗濯物は家の中に干しましょう。
朝から晩まで洗濯物を干しているのは留守だと言うサインになります。
また女性の一人暮らしの場合は洗濯物の中にわざと男性ものの洗濯物を混ぜておくのも一つの防犯対策になります。
大分の中古マンションに住んでいる友人もかなり気を使って取り組んでいるようです。
ちょっとしたことで住宅の被害や空き巣などを予防できるので行ってみましょう。

10月 14th, 2010 | 防犯 | コメントは受け付けていません。

最近ではテレビでセキュリティーサービスのCMを見るようになりましたね。
しかし一般の方がセキュリティーサービスと契約したり、契約を考えることはめったにないと思います。
住宅会社や工務店が集客のためにセキュリティをアピールすることも増えてきています。
また最近では防犯の意識が上がってきたためか、ホームセンターなどでも防犯カメラが取り扱われています。
しかしセキュリティーサービスや防犯カメラをつけたとしても空き巣や泥棒といった被害に遭う可能性が0パーセントになるわけではありません。
セキュリティーサービスは警報があってから現場に駆け付けるまでのタイムラグがありますし、防犯カメラは映像を撮っておくだけで威嚇的な要素はややあるとしても侵入する行為を止められるわけではありません。
空き巣や泥棒から住まいや財産、そして家族を守るためには物理的に対策することが必要ではないでしょうか。
では物理的に防犯対策をする紹介をしましょう。
玄関ドアについては鍵をワンキーツーロックという1つの鍵で2か所開錠しなければ入れない玄関ドアを採用したり、鍵を通常の波型の鍵ではなくて楕円状のくぼみが複数ついているディンプルキーにするなどができます。
ワンツーキーロックの場合は開錠するまでの時間を稼ぐということができます。
ディンプルキーは空き巣が侵入の際に行うピッキングという開錠方法に強い仕組みになっているわけです。
窓に関してはたたき割りなどに強い強度の高い、合せガラスを採用するなど住まいに立てる時から組み込んでおける防犯対策の物があります。
私の友人も中古住宅を購入したリフォームの際に、インターネットのサッシ販売サイトから強度の強いガラスを使用したサッシを購入してサッシを入れ替えたそうです。
泥棒に対する防犯対策はまず簡単に住まいの中に侵入させないという所にあります。
泥棒が住宅に侵入を試みる場合、侵入までに5分以上かかる場合は侵入をあきらめると言われています。
5分以上かかればご近所から発見されたり、通報されてりする確率が高いというわけです。

9月 4th, 2010 | 防犯 | コメントは受け付けていません。

最近はニュースでも報じられているように複数の自動車が一斉にカーナビゲーションの盗難に遭った事件などよく聞きます。
昔は高級車が車上荒らしや盗難に遭うケースが多かったようですが最近では高級車ではないから狙われないということはなくなっているようです。
また警報装置が装備されていないなど、防犯対策をしていない車は狙われやすくなっているようです。
自動車そのものではなくて住宅における防犯対策というものも普及しているとは言えません冷静に考えてみると、シャッターや門扉がついていない駐車場は車をただ置いていると考える事も出来ます。
人の行き来がある時間帯は問題ないですが、深夜や早朝の人気のない時間帯は危険です。
何も対策がされていなければ被害に遭う可能性は非常に高いという事になります。
あまり防犯対策に費用をかけられないという事情もあるでしょうが、防犯カメラやセンサーライトなどをつけるだけでも被害に遭う確率は低くなると思います。
またなるべく車の中には物を置かないようにしましょう。
自分では大したものでなくても外から見れば貴重品が入っているかもというようにみられてしまいます。
実体験で言うと車の助手席にCDケースを置いたまま駐車していた所、窓ガラスを割られて持っていかれた事があります。
高々CDケースで高い修理代を払う事になるとは思いもしませんでした。

8月 2nd, 2010 | 防犯 | コメントは受け付けていません。