一戸建て、不動産物件の賃貸などを問わず侵入されにくい対策をしておくことが大切だと思います。
 
ダイレクトメールや、クレジットカード、電話会社の請求書また宅配便の送り状や、
電話会社の請求書には電話番号も明記されているものをそのまま捨てるのはやめましょう。
面倒だとは思いますが住所や名前、電話番号などの部分を黒く塗りつぶしたり、パンチで穴をあけたり、はさみでバラバラに切ってから捨てる様に心がけましょう。
またダイレクトメールから性別や年代が判ることもあります。
封筒も破ってから捨てるようにしましょう。
また自分の住まいが侵入しやすい住宅かどうか考えてみましょう。
防犯グッズを目立つようにまた玄関や庭にセンサライトを取り付けるようにしましょう。
防犯グッズの有効性は最近では薄れてきたとも言われていますが、住んでいる人が防犯に対して意識があるかないかを示すことが重要です。
また金銭的に余裕があるのならば警備保障会社のサービスを利用する事も考えましょう。
足場になるものはできるだけ置かないようにしましょう。
動かす事ができないエアコンの室外機や塀の上には植木鉢などを置き、侵入の手助けをするような脚立やはしごを家の周りや外におきっぱなしにしないようにしましょう。
窓には防犯フィルムや防犯アラームを取り付けましょう。
補助鍵をつけるのも有効でしょう。
格子は慣れた泥棒ならすぐに外せると言われますが少しでも侵入される時間を稼ぐ事も大切です。
また泥棒が一番気にするのは音がする事です。
庭や家の外周に玉砂利または防犯用の砂利をしく。
またドア開閉に対応したり、動くものに反応するアラームやチャイムの鳴るセンサーライトは有効です。

7月 7th, 2010 | 防犯 | コメントは受け付けていません。