最近はニュースでも報じられているように複数の自動車が一斉にカーナビゲーションの盗難に遭った事件などよく聞きます。
昔は高級車が車上荒らしや盗難に遭うケースが多かったようですが最近では高級車ではないから狙われないということはなくなっているようです。
また警報装置が装備されていないなど、防犯対策をしていない車は狙われやすくなっているようです。
自動車そのものではなくて住宅における防犯対策というものも普及しているとは言えません冷静に考えてみると、シャッターや門扉がついていない駐車場は車をただ置いていると考える事も出来ます。
人の行き来がある時間帯は問題ないですが、深夜や早朝の人気のない時間帯は危険です。
何も対策がされていなければ被害に遭う可能性は非常に高いという事になります。
あまり防犯対策に費用をかけられないという事情もあるでしょうが、防犯カメラやセンサーライトなどをつけるだけでも被害に遭う確率は低くなると思います。
またなるべく車の中には物を置かないようにしましょう。
自分では大したものでなくても外から見れば貴重品が入っているかもというようにみられてしまいます。
実体験で言うと車の助手席にCDケースを置いたまま駐車していた所、窓ガラスを割られて持っていかれた事があります。
高々CDケースで高い修理代を払う事になるとは思いもしませんでした。

8月 2nd, 2010 | 防犯 | コメントは受け付けていません。