もしも空き巣被害に遭ってしまったら・・・冷静ではいられないですよね。
しかしそういう時ほど冷静な判断をしなければいけません。
部屋の中は散らかされ放題になっているかもしれませんがますは何がなくなっているか、盗まれているかを確認しましょう。
金品、大切なモノや貴金属類は大抵決まった所に収納していることが多いと思うので確認できるはずです。
警察の通報することも大切ですが、ただ呼ぶだけでは場が更に乱れるだけなので取られたもの盗まれたものは何か把握することに努めましょう。
一度は空き巣に入られたら次はないだろうと何も対策しないままの方も多いようです。
私の友人は空き巣に入られた後、大分のリフォーム会社に防犯に強いリフォームをしてもらったそうです。
しかし空き巣被害に遭う方は何度となく同じように空き巣に入られている方が実は多いようです。
二度と同じように侵入されないように防犯対策を講じるようにしましょう。
どこから侵入したのかどのような手口で侵入したのかなどを把握し、二度と同じ手口で空き巣に入られないようにすることが大切です。
また玄関をピッキングなどの手口で開錠されて侵入された場合ですが、
一戸建ての場合はシリンダーごとピッキングに強いシリンダー錠やカード式の鍵に変えることをおすすめします。
大分の工務店でも新築で住宅を建てる際に使われる鍵はピッキングに強いものや二十六を薦めているようです。
通常の削り出しの鍵だと交換しただけでは再び被害に遭うことがあります。
賃貸アパートなどの場合ですと大家や不動産会社に鍵の交換を依頼しても同じ形式の鍵にしか交換してもらえないことが多いので
不安に感じる方は防犯対策を考えられた別の賃貸物件に引っ越すことも視野に入れましょう。

1月 22nd, 2011 | 防犯 | コメントは受け付けていません。