俗にいう泥棒に入られやすい住宅というのは、人の目が届かない死角が多く存在する住宅ではないかと思います。
 泥棒は深夜人が寝静まった頃に犯行に及ぶとは限りません。特に住宅街では日中に犯行が行われることが多いといいます。
閑静な住宅街はプライペート性を保つために住宅は庭とそれを取り囲むように塀が存在します。また昼間でも人の行き来がそれほどなく静かなため、昼間の侵入は容易いものです。しかし、立派な住宅にはしっかりとしたセキュリティ会社との契約で防犯カメラが設置されているため、泥棒は侵入にリスクが及びます。
狙われるのはこうした閑静な高級住宅街に隣接する新興住宅街かもしれません。比較的静かで昼間でも人通りが少なくセキュリティカメラの設置のない住宅は狙い目になるからです。
 セキュリティ会社との契約までとは考えないのであれば、自分たちで泥棒から家を守る対策を講じるほかないです。
 まずは住宅に死角を作らない努力から初めてみてはどうでしょうか。
高く囲む塀は低いフェンスに変えてみる。目隠しのつもりで植えた垣根の植栽の葉を間引いて隙間を作る。など、完璧に視線を遮らなくても十分に目隠しの意味は果たしてくれます。
むしろ日中でも人通りの少ない住宅街には完璧に隠す必要はないと考えます。それよりも泥棒が目をつけたくなるような要素を減らしておくほうが安全に暮らせるというものでしょう。
 泥棒は咄嗟の思いつきで空き巣に入る住宅を選ぶわけではないものです。必ず下見をしたうえで策を練り犯行に及びます。不審な人が住宅内を覗いている気配というものにも気づけるよう、住宅の囲いすぎには注意しましょう。

6月 7th, 2012 | 防犯 | コメントは受け付けていません。