先日、テレビの特集で、空き巣が住まいに侵入するのに、ターニングポイントとなる時間が5分だと言っていました。
侵入に要する時間が5分よりも長くかかりそうな場合は、7割の空き巣が諦めるそうです。例えば、はき出し窓や窓に鍵がついている場合、1つだと5分以内に解錠できても、これが2個以上になると、5分ということは難しくなります。
これは、玄関や勝手口の鍵にも言えることです。基本的に、プロの場合、ある程度時間をかけることができたら、鍵は解錠することができるそうです。ですから、数で対抗するしかないのだと言います。鍵を2個以上かけて、さらに、防犯上有効なことを施すことが大切になります。
 1つは、「音」です。市販されていますが、踏むと、かなり大きな音がする砂利を敷き詰めておくことも一案です。
2つ目は、「死角を作らないこと」です。周囲を高いブロック塀で囲むと、一見、防犯上効果があるように見えますが、不審者が隠れることができます。同様に、玄関周辺の植え込みも隠れることができます。玄関や勝手口がある程度、通りから見えることで、抑止力になります。さらに、3つ目は、「整理整頓」です。放火の場合、放置されたゴミや段ボールなどに火を放たれることが多いと言います。室外機の設置場所やちょっとした踏み台になるようなものが放置してあると、それを踏み台にして、2階へ上がり、施錠していないところから侵入することも多いそうです。4つ目は、「プライバシーの漏洩」です。留守番電話も留守番をアピールしています。家族全員の表札もやはり、情報を与えてしまいます。
 一番の抑止力は、監視する目です。必ずしも、監視していなくても、目があることで、空き巣は敢えて危険を犯したりしません。隣人、通行人の目でいいのです。自分が空き巣になったつもりで、是非、住まいを点検して下さい。

8月 24th, 2012 | 防犯 | コメントは受け付けていません。