持ち家だろうが、借家だろうが、そんなもの関係なく、金目の物を狙う稼業の方がいる。「泥棒」だ。最近の住宅やその設備を見ると優れた防犯対策がされている。
しかし、住宅が泥棒に強くなると、彼らも同時に侵入の攻略法を編み出していく。正直、迷惑極まりないのだが、泥棒にとってはそんなの関係ねえといったところだろうか。そこで、最新住宅の防犯対策を見てみる。まず、対策キーワードが3つある。
①侵入や開錠に時間をかけさせること。
②ピッキング対策で侵入されないようにすること。
③音や光を有効活用し、人の気配や目があると泥棒にプレッシャーをかけさせること。
この3つだ。侵入に時間がかかるということは、それだけ人の目に触れる可能性が高くなる。隣に誰が住んでいるかわからない単身者のマンションなどでも、挙動の怪しい人間というのはなんとなくわかってしまうし、意外に近所間の連携が取れている住宅地では、すぐにマークされて、回覧かメールで不審者情報が回ってくる。ましてや堂々と錠前破りしていたら、問答無用でアウトだ。
次にピッキング対策だが、一戸建ての鍵でも意外に簡単に開けられるものが多い。玄関の鍵を2つにしたり、たくさんのパターンがある錠前を使うことでピッキングを防ぐだけでなく、前述の侵入時間が長くなる。泥棒にとっては、それだけ危険が増大する。
最後に音や光の有効活用だ。我が家では玄関先にセンサーライトを設置している。割とどこのご家庭でも利用されているが、夜間の帰宅には明かりがついて玄関先を照らしてくれて便利だし、何より泥棒は光で照らされるのを嫌がる。ホームセンターなどに売っているからいつでも買えるし、設置も難しくはない。安価で手軽な対策といえる。また住宅の周囲に音の出る砂利を敷いたりするのも効果的だ。昼間でも家の周囲に人がいることがわかるし、どんな歩き方をしても絶対に音が出るというのは、泥棒が嫌がる要因だ。泥棒はどんな家にでも狙いをつけるが、彼らが嫌がって諦めてくれるような防犯対策が出来れば、家は守られるし、犯罪者も増えなくてすむ。社会にとってはメリットが多いはずだ。

12月 13th, 2012 | 防犯 | コメントは受け付けていません。