住宅が洋風化する中で次第に畳のある和室の部屋数が減ってきました。私は現在戸建ての賃貸住宅に住んでいるのですがオールフローリングです。実家には畳のある和室が多くそこでの生活が長かったこともあり、全室フローリングではどこか落ち着けず畳の部屋が欲しいと感じてしまいます。そんな我が家も近々新築住宅を購入しようと考えています。必ず一室は畳のある和室を設けたいと思っています。間取りを考えている際に客間の必要性について主人と意見が分かれました。
私は来客者に対応できるように客間は欲しいと思っていました。しかし主人は客間を設けるくらいならリビングを広々とさせたいと言うのです。そんな時ハウスメーカーの方にリビング続きに和室を設ければいいではないかと提案されました。普段客間として使わない時はリビングの一角として広々とした空間が広がります。いざ来客者が見えた際には扉を閉めて個室として使えるようにすれば便利なのです。来客者に家族がいつも過ごすリビングを見られたくない場合は玄関からそのまま客間に入れるように扉を設けておけば、リビングで過ごす家族はそのままゆっくり寛げることができます。その時々に合わせて自由に変化できる空間造りが今の住宅造りには重要なポイントなのです。
リビングがフローリングだけでは子どもが昼寝する時や、我々親も体を伸ばし休憩したくてもしにくいものです。リビングの一角に畳があればゴロンと横になりやすく子どもとの昼寝の時間も楽しめそうです。時には子どもの遊ぶ空間として、時には家事ルームとして様々なシーンで活躍してくれそうな畳の空間を必ず設けたいと思っています。

10月 8th, 2014 | 住まい | コメントは受け付けていません。