先日新築住宅を建てた友人宅へ遊びに行きました。その友人宅には身支度がスムーズに行えるようにウォークスルークローゼットが一階に設けられていました。玄関と和室を繋ぐウォークスルークローゼットには家族みんなの衣類を一か所で管理しているので、衣類を管理する主婦の仕事も楽になります。また玄関と間のウォークスルークローゼットと言うことで、帰宅時や外出時が今まで以上に円滑に行えるようになるのです。外出する時、二階のクローゼットにわざわざ上着を取りに行く手間が省けます。
また帰宅時も、このクローゼットを通ることで、着ている上着をしまい、着替えを取り出せば、その先の和室でゆっくりと着替えが行えるのです。住宅の不満の大部分は収納と言われています。収納もただ収納スペースを確保するだけでは意味がないのです。動線に配慮して最適な場所に収納スペースがあると使い勝手のいい収納スペースとなります。また収納する物に加え少し広さに余裕のある収納スペースであれば、いざ物が増えた時も対応できます。収納を設ける際には自分の持っている物の量を確認して、スペースを確保することも大事なのです。
友人宅のように動線に配慮されたクローゼットがあれば、家族みんなが使いやすく、いつもは主婦が家族みんなの衣類を管理しますが、身近な位置にクローゼットがあることで旦那さんや子ども達も積極的に自分の衣類を管理するようにもなると思います。主婦の家事を少しでも楽にするためにもこのような生活の中心となる一階に一か所で家族みんなの衣類を管理できるクローゼットがあると暮らしやすさに繋がりますね。

6月 18th, 2015 | 住まい | コメントは受け付けていません。

家事に育児に毎日忙しく過ごすママにとっても自分だけの居場所があると嬉しいものです。我が家の子どもはまだ小さいので私は現在専業主婦です。毎日、家事に育児にアッという間に時間が過ぎていきます。
現在マイホームを建設しているのですが、その家にはママのための居場所を設けました。いつでも気軽に使える私だけの居場所です。このスペースは水周りの動線上に設けることにしました。そうすることで家事の合間の時間を有効に使えるからです。
キッチンで調理の合間に生まれた時間を、このママスペースで休憩できます。ホッとお茶を飲みながら休憩する場所としても便利ですし、家計簿などをつけるにも最適の空間です。
家事と育児の合間にパソコンで仕事を行うこともあります。パソコンを使用するスペースとしても活用させる予定です。ここで夕飯のレシピを検索し、レシピを見ながら夕飯の支度をするのもしやすいです。夜でもこのスペースを有効活用できるように照明を設置することや、パソコンを使用することからコンセントをデスクよりも高い位置に設けておくと便利です。
またここで自分だけの時間を過ごしながらも、まだ目が離せない子どもがいるので、子どもの様子を確認しやすい位置に設ける配慮も必要です。このスペースに子どもの学校行事など、家族の予定表を貼るスペースを設けました。自分のスケジュールを確認しながらも、家族みんなの予定も確認しやすくなります。
ママの仕事を円滑に行えるスペースとして、時には自分の時間を満喫できる特別なスペースとして活用させたいです。ママにとってこのスペースがあるかないかで住宅への満足度は大きく変わってくると思います。

6月 8th, 2015 | 住まい | コメントは受け付けていません。