住宅の屋根を見ると太陽光パネルを設置している家が大変多くなってきました。新築住宅には当たり前のように太陽光パネルを設置している家庭が多く、また既存住宅にも太陽光パネルを設置するリフォームが行われている光景もよく見かけます。私の新築を建てた友人たちの家も同様に太陽光パネルを設置しオール電化住宅に仕上げたと言っていました。
しかし太陽光パネルを設置する費用は高額で、オール電化にするならエコキュートも設置しなければいけません。また電力の買取価格は1kwhあたり42円から38円と値下げとなり、果たして太陽光発電はお得なのかという点が非常に気になります。発電設備を作るにはイニシャルコスト、ランニングコストと色々な経費がかかってきます。自分の家の屋根にどれくらい太陽光パネルを設置でき、どれくらいの電力を年間発電してくれるかを事前に試算してもらい確認しておくことが大切です。年間にかかる光熱費をマイナスにして光熱費ゼロの生活をするためにはそれが実際可能なのか、どのくらいの年数で元がとれるのかをしっかり把握しましょう。
小規模の設置ではシステム単価が高くなってしまい、売電率も小さくなります。光熱費の中で一番費用がかかるのが給湯です。ガス給湯器はランニングコストが非常に高いです。我が家でも冬場になるとガス代は夏場にくらべると倍以上費用がかかります。エコキュートを設置することで費用の安い夜間電力を利用し光熱費を大幅に抑えることが可能になってきます。どれくらいの電力が見込めるのか、設置費用とその後のランニングコストをしっかり考慮しお得な選択をしたいものです。

7月 19th, 2016 | 住まい | コメントは受け付けていません。