泥棒がガラスを狙うワケ

さて、どうして泥棒はガラスを狙うのだろうか。それはガラスが脆いからだ。しかし、ガラスは無理やり割れば大きな音がするのだが、彼ら泥棒は長年のノウハウというか、技術の進歩というか、私たちが思いつかないような大胆な手段で住宅を狙う。

ガラスを破る際に彼らが良く使う手法が「焼き破り」や「こじ破り」なのだそうで、防犯性能の高いものにつく「CPマーク」を取得している商品の性能試験では、のきなみ、これら「こじ破り」や「焼き破り」に一定時間耐えるかどうかが試験項目に入っている。

そんな「こじ破り」は、サッシ部分の溝にドライバーを差し込んで小さな穴を開け、直接鍵を開ける手法だ。焼き破りは、急激な温度変化に対して脆くなるガラスの特性を利用して、火であぶったり、水をかけたりしてガラスに穴を開ける。

どちらもごく普通にありふれた道具で破れる上、物をぶつけたり、叩いたりして割るわけではないので、大きな音も出ない。隣近所にもばれない。施錠をきちんとしていても、破られてしまうのだから、困ったことだ。これは一戸建ての話だが、集合住宅だと泥棒にとってはさらに侵入しやすい条件になっているようだ。

というのも、中層階あたりだと、一階などに比べてまず入られないだろうという油断があるせいか、ベランダの窓など施錠していないケースがあるという。侵入するにしても窓を破ったり、鍵を壊したりする手間がない。最近の統計を見ても、窓破りよりも無施錠でやられたケースが若干上回っている。我が家もアパート住まいのときに2階だと安心していたら、泥棒に入られ、帰宅して鉢合わせたことがある。

いくら防犯効果のあるガラスを入れても、無施錠では意味がない。大切な財産や家財道具を守るためにはガラスの防犯対策もそうだが、自分自身が防犯の意識を高めることも重要だ。

Tags: , ,

5月 19th, 2013 | 防犯

Comments are closed.