キッチン

女性にとってキッチンは非常に重要です。このキッチンのスタイルは多様化しており、キッチンの広さに合わせて、ライフスタイルに合わせて自分に適したスタイルが整っています。
その中で一番人気を高めているのが、オープンスタイルの対面式キッチンです。このスタイルの最大の魅力はLDKの一体感です。ダイニングやリビングとの境が壁や間仕切りで仕切られるのではなく、オープンになっていることでLDKの一体感が高まります。

キッチンで家事をしていてもダイニングやリビングに居る家族と顔を見てコミュニケーションをとることも可能です。家事をする時間がより楽しく感じられます。また小さい子どものいる家庭ではこのスタイルは子育てのしやすさを実感できることでしょう。家事の手を止めることなく子どもの様子を確認できるので安心感が高まります。また家事の効率も高まります。

デメリットを挙げるならばキッチンが汚れている状態の時は見た目が良くないことです。スッキリ片付いている時は見せるキッチンのようでオシャレに見えるのですが、調理中や調理後などフライパンや食材がキッチンに広がっている状態の時でも、ダイニングやリビングからこの光景が丸見えなのです。このような状態の時に来客者が来ると、対応しにくいです。また料理中のにおいがダイニングやリビングにも充満するというデメリットもあります。

我が家の新築住宅は対面式オープンにして手元が隠せるように造作カウンターを設けます。このようにすることでLDKの一体感はそのままに、手元部分はしっかり隠せるのでキッチンが片付いていなくても、このような状態の時にお客様が来てもすぐに対応できるのです。キッチンスタイル選びは多様化しているだけに決めるのが難しそうですね。

Tags:

5月 13th, 2015 | 住まい

Comments are closed.