常日頃の心掛け

東日本での震災を受けて防災に関することで今回は話をしたいと思います。
地震や災害の規模にもよりますが住宅から避難をする際に着の身着のままで出てしまう人も多いと言われています。
災害の際どこが避難場所になっ散るのかなど確認をしておく事がまず大事です。
また避難所にたどり着くまでに何かしらのアクシデントが発生することも考えるとある程度の防災グッズは必要だと思います。
災害用の避難袋を常に用意しておいてすぐに持ち出せる所に置いておくという通常時の心掛けが大切です。
用意しておく避難袋についてですが水や長期保存ができる食料の他に
非常用の簡易トイレや保温効果や断熱効果、防水効果があるアルミブランケットやポンチョ・レインコート、
複数のツールが一緒になっている多機能アウトドアナイフ、電池を不使用で降ったり、レバーを回すことで蓄電する懐中電灯、
手動充電が可能なラジオや携帯充電器などこの様な物を避難袋に入れて用意しておきましょう。
またその他でも軍手やロープ、消毒液、ウエットティッシュ、カイロ、サランラップなどもあるといざという時に役に立つアイテムです。
意外と役に立つものとして大型のポリ袋やレジャーシートです。
ポリ袋は様々な物を入れる袋としてだけではなく袋の底を頭が出るサイズでカットすれば簡易の防寒着になりますし、
レジャーシートは敷物としてだけではなく防寒対策の風除けや着替えの際の間仕切りとしても使用できます。
災害から身を守れたとしても孤立して何日間も救援を待つなどの場合も考えられるので、ある程度の食料の備蓄や用意というのは常日頃からの心掛けが必要だと思います。
滋賀でリフォーム会社を営む社長さんと話をした時に「常日頃から寝室に防災グッズは用意してるし、会社でも用意している。」とのことでした。
こういった事態が起きた今だからこそ家族や近隣周辺の皆さんとお話をしてみる機会だと思います。

Tags:

3月 13th, 2011 | 未分類

Comments are closed.