最近の一番人気のキッチンスタイルは、フルオープンキッチンです。使い勝手の悪い吊り戸棚をなくし、キッチンからフラットにカウンターが伸び、リビングやダイニングとの一体感が高められるこのスタイルは、家族が自然とキッチンへ集まり手伝いやすいスタイルでもありますし、家族のコミュニケーションを大事にできるスタイルでもあるのです。
しかし、私は一つ気になる点がありました。それは調理中や調理後の乱雑になっているキッチンがリビングやダイニングから丸見えになってしまうことです。きれいに片付いている時は魅せるキッチンとして存在するのですが、片付いていない時は見た目にいいものではありません。急なお客様にも対応しにくいのです。それに抵抗を感じ我が家はキッチンの前に腰壁を設けました。
吊り戸棚を設けず、コンロ部分は壁にせず耐熱用のガラス張りにすることで腰壁を設けてもリビングやダイニングとの一体感を損なうことはありません。腰壁があることで気になる手元部分はしっかりと隠せており、キッチンが乱雑でも見た目を損なうことはありませんし、急なお客様にも対応しやすいのです。
壁の厚みを利用してキッチン側には調味料入れのニッチを設けました。いつも使用する調味料をニッチ内に収めていることで作業スペースが広々として調理がしやすくなりました。また、この腰壁を利用してL字型にカウンターを配しました。子ども達がおやつを食べたり、勉強をしたり、私がパソコンをしたり、コーヒーを飲んで家事の合間に休憩したりと様々な用途で使用できる便利なカウンターとなっています。キッチンの前に腰壁を設けてキッチン周りが充実しています。

6月 19th, 2017 | 住まい | コメントは受け付けていません。

以前のような純和風の住宅は数を少なくしてきました。最近では住宅のテイストが非常に多様化しています。それと反映するかのようにキッチンスタイルも非常に多様化しています。住宅の雰囲気や空間的広さに合わせて最適のキッチンスタイルを選択できるのです。私の母親がキッチンで家事をしている姿というのは常に背中だったような気がします。壁付けのキッチンで黙々と家事をしていました。話しかけてもコミュニケーションが取りづらく、またキッチンで家事をする母親にとって家事をしている間は孤独感を感じていたことでしょう。
最近一番人気のキッチンスタイルは、このようなスタイルとは真逆の対面式フルオープンキッチンです。キッチンで家事をする間は、その先に広がるリビングやダイニングに向かって行います。そこにいる家族と顔を合わせてコミュニケーションを取ることもできますし、大好きなテレビ番組を見ながら家事を行うこともできるのです。また吊り戸棚や壁などで空間を区切ってしまうのではなく、それらを取り除きLDKの一体感を高めることでより家族の繋がりを感じられるようになりますし、家事と育児の両立のしやすさも高められるのです。キッチンで家事をしながらリビングやその先に広がる和室にまで目が届けば、子どもを安心して遊ばせられます。
フルオープンキッチンは見せるキッチンとして最高のキッチンです。しかしその反面、調理中や調理後の片付いていないキッチンもリビングやダイニングから丸見えになってしまうのです。常にキッチンを片付ける習慣が身に付くかもしれません。自分が一番家事を行いやすいキッチンスタイルを取り入れましょう。

4月 5th, 2016 | 住まい | コメントは受け付けていません。

住宅の不満の常に上位に浮上する収納。この収納を充実させたいと考える人は多く、各所に収納スペースを確保するのが最近の流れであります。玄関にはシューズクローク、寝室にはウォークインクローゼット、子ども部屋にもクローゼット、ロフト収納や納戸などできるだけ多くの収納スペースを確保している家庭がほとんどです。その中にキッチンにはパントリーを設ける家庭が非常に多くなっています。
食品庫となるパントリーはレトルト食品や乾物、お菓子やジューズなどストック品をきちんと収納しておく場所です。我が家はあえてこのスペースを設けませんでした。パントリーを別に設けるのではなく、キッチン背面の壁一面に天井にまで広がるカップボードを設けたのです。収納力抜群のカップボード内をパントリーとして活用できるのです。わざわざ別のスペースにパントリーを設けるのではなく、カップボードと一体型のパントリーにすることで家事の効率が高められるのです。
扉三枚分のカップボードは一面をこのパントリーとして活用します。床から天井近くにまで広がる可動棚は、収納する物に合わせて自由に収納スペースを活用できます。お米の袋をそのまましまっておくこともできるので収納力に不満もありません。そして一面には食器類をしまいます。普段使いするお皿から、タッパーまで収納できるのでこの一面を開けば必要な食器が全て揃います。そしてもう一面はキッチン家電の収納スペースです。電子レンジや炊飯器はもちろんのこと、ホットプレートやたこ焼き器、フードプロセッサーなどキッチンで必要な家電をしっかりとしまうことができるのです。
それだけでなくゴミ箱までもこのカップボード内に収められるので、キッチンスペースを有効的に使用できます。またキッチンを使わない時や、来客時には全てをすりガラスの扉で閉めて隠すことができるのです。生活感を感じさせないキッチンはスッキリとスタイリッシュな空間へとしてくれるのです。我が家はパントリーがなくても収納への不満が全くないキッチンとなっています。

8月 31st, 2015 | 住まい | コメントは受け付けていません。

女性にとってキッチンは非常に重要です。このキッチンのスタイルは多様化しており、キッチンの広さに合わせて、ライフスタイルに合わせて自分に適したスタイルが整っています。
その中で一番人気を高めているのが、オープンスタイルの対面式キッチンです。このスタイルの最大の魅力はLDKの一体感です。ダイニングやリビングとの境が壁や間仕切りで仕切られるのではなく、オープンになっていることでLDKの一体感が高まります。
キッチンで家事をしていてもダイニングやリビングに居る家族と顔を見てコミュニケーションをとることも可能です。家事をする時間がより楽しく感じられます。また小さい子どものいる家庭ではこのスタイルは子育てのしやすさを実感できることでしょう。家事の手を止めることなく子どもの様子を確認できるので安心感が高まります。また家事の効率も高まります。
デメリットを挙げるならばキッチンが汚れている状態の時は見た目が良くないことです。スッキリ片付いている時は見せるキッチンのようでオシャレに見えるのですが、調理中や調理後などフライパンや食材がキッチンに広がっている状態の時でも、ダイニングやリビングからこの光景が丸見えなのです。このような状態の時に来客者が来ると、対応しにくいです。また料理中のにおいがダイニングやリビングにも充満するというデメリットもあります。
我が家の新築住宅は対面式オープンにして手元が隠せるように造作カウンターを設けます。このようにすることでLDKの一体感はそのままに、手元部分はしっかり隠せるのでキッチンが片付いていなくても、このような状態の時にお客様が来てもすぐに対応できるのです。キッチンスタイル選びは多様化しているだけに決めるのが難しそうですね。

5月 13th, 2015 | 住まい | コメントは受け付けていません。