私事だが、筆者は地区の仕事で市報や配り物をすることが多い。時には、回覧で間に合わない事柄を伝えるため、一軒一軒尋ね歩くこともある。
夜間に一軒ずつ尋ねまわっていると、かなりの家にセンサーライトが設置されていて、インターホンを押せばまぶしい光が顔を照らす。夜間とはいえ、中のモニターには割りとしっかり顔が表示されるようで、「こんばんは」と挨拶しただけで「ああ○○さん」と返答してくれる。
光や音は、よからぬことを考えている者には、とてつもないプレッシャーになる。防犯効果は十分にあるといえる
センサーライトは近づく点灯する。これは熱源を感知しているからだ。しかも暫くついているし、設置角度を変えることで、センサーライト自体の弱点(センサーライトに対して真正面から近づいた場合)も減らせる。
屋外についていることが多いが、室内にも設置しているとスイッチ無しで電気がつくし、何もないときに点灯したなら「何か」いるかもしれない。
どんなに上手に隠れても、熱源を逃さないのがセンサーライトのいいところだ。さらに安価で取り付けもしやすい。防犯対策としては手軽だ。
またインターホンも泥棒にプレッシャーを与えるには十分だ。よく泥棒は、狙った家に人がいるかどうかを確認するために、宅配業者などを装ってドアホンを鳴らしたりすることがあるそうだ。何も応答がなければ、当たり前だが家の中に人はいない。だが、家の中に人がいなくても、その訪問者の画像を手持ちの携帯端末に転送して、外出先でも誰が訪ねて来たか分かるようになっているものがある。また不審者が近づくと、音声で警告を出すものもある。センサーライトの音声版といったところか。光より、声のほうが撃退力は高そうだ。センサーライトやインターホンは、住宅の手軽な防犯対策といえる。

8月 29th, 2013 | 防犯 | コメントは受け付けていません。

師走になり年末も近くなるとバタバタとあわただしくなってきますね。
年末年始は出ごとも多くなるでしょうから不在時の防犯を何かしら考えておかなければいけないと思います。
自分でもできる防犯対策でについてですが今回はセンサーライトや防犯カメラについて話をしてみようかと思います。
ここ最近のホームセンターでは防犯対策コーナーが設けられ、センサーライトが山積みにされていたり、防犯カメラが展示され実際にどの様に映るのかなどが見れるようになっています。
熊本に住宅を新築した友人も複数のセンサーライトを購入して玄関や裏口に取り付けたそうです。
少し前はセンサーライトも防犯カメラもちょっと手を出すには高価な商品でしたが、需要が多くなったせいかそれなりに価格も下がってきているようです。
センサーライトの場合は特別機能さえ気にしなければ1000円前後の商品でも十分に役に立つと思います。
特別な機能というと無線式で複数の位置ライトが付いたりメロディー機能や光と共に音で威嚇ができるタイプなどがあります。
予算に余裕がある方は多機能のセンサーら音を使ってみるのもいいかもしれませんね。
防犯カメラに関しても販売価格が抑えられてきているようですが、機能に関して注意をしておかなければいけません。
私が思う一番必要な機能は赤外線掃射機能です。
なぜ赤外線掃射が必要かというと夜に周辺の明かりがなくても映像が映るからです。
単純に映像機能だけの防犯カメラは夜の映像はただ真っ暗なだけです。
映像機能だけのカメラの場合はセンサーライトなどと組み合わせて使う必要があります。
自分でも取り付けられるようになったセンサーライトや防犯カメラですが付けていれば被害に遭わないと言うことではないので、
複数の防犯対策や戸締りを心がけるようにしましょう。
最近は工務店も防犯に力を入れていることが多くなっています。
工務店の集客にもつながるからでしょうが、防犯がしっかりできるのはいいですね。

12月 23rd, 2010 | 防犯 | コメントは受け付けていません。