最近では人気のある不動産賃貸物件はオートロックシステムを採用しているマンションが多いようです。
オートロックシステムを採用している事を売りにしている賃貸や分譲のマンションが多くなってきました。
マンションのオートロックシステムは居住者がインターホンの通話や映像により来訪者を確認したうえで入館させるようになっています。
オートロックシステムは不要な侵入者を極力抑止することを目的とする設備ですが、
居住者や他の来訪者の後について入館するという方法で不審者や泥棒に侵入される可能性があり実際の被害も多くなっています。
また、マンションの入居者はオートロックシステムが設備されているからという理由で玄関などの施錠をしない、又は忘れがちになるケースが多いようです。
こういった場合が不法侵入者や泥棒に部屋まで侵入される要因になるので気をつけておきたい点です。
またマンションなどの賃貸物件では入居者同士のコミュニケーションが希薄でマンション内で出会った人物などに関心がなかったり、また隣にどんな人が住んでいるかも知らないケースが多いようです。
マンションでは常に防犯意識を持つとともに、いろいろな方法を併用して防犯性を高めていくことが大切だと思います。
オートロックシステムが設備されているから、また女性専用マンションだからといった油断で
玄関扉が施錠忘れのままやベランダを開けっ放しのままといった状況を作らないようにして侵入されにくい環境を作っていかなければなりません。
不動産の物件についても防犯に関してよくよく考えておかなければいけませんね。

3月 2nd, 2010 | 防犯 | コメントは受け付けていません。

一般的にマンションは高層だから泥棒の被害に遭いにくく、オートロックシステムがついているから不審者も容易に入ってこないだろうと思われがちのようです。
そのイメージは間違ったイメージで実際にはマンションでの犯罪が増えている傾向のようです。
被害にあった方の多くは一人暮らし世帯の割合が圧倒的に多いようです。泥棒は不在を確かめやすい、一人暮らしのワンルームマンション等を狙う場合が多いとのことです。被害の中でも住民が安心しがちなオートロック式マンションの上層階で、鍵をかけ忘れたベランダなどから侵入される被害が目立っているということです。
マンションなど共同住宅ではガラス破りでの被害がもっとも多いようです。マンションなど共同住宅においてはガラスに対する対策が重要なようです。
またオートロックだから無施錠にしていたケースが多いようで窓や施錠されていない表出入口、その他の出入口から侵入されているようです。
ゴミだしや見送りなど短い時間に無施錠で外出といったことが原因ではないかと推測されてます。
またオートロックがついているからという過信が無施錠にしてしまうというのも良く聞きます。
どんな短い時間でも施錠をするというのは防犯の基本です。
ピッキングやサムターン回し開錠は減少したとはいえ、マンションなど共同住宅においてはそのの対策は重要でしょう。
ホームセンターなどに行けば錠前の強化や補助錠・ガードプレートなどの対策グッズも手に入ります。

2月 17th, 2010 | 未分類 | コメントは受け付けていません。