最近は強引な訪問販売業者や宅急便などを装った強盗など、玄関から堂々と入ってくる犯罪者が増えています。堂々といっても、特別な怨恨や目的がない限り、できるだけ、犯罪がスムーズに成功する環境を選んでいます。例えば、玄関が道路から見えにくいとか、塀に囲まれているとか、或いは、門から玄関までのアプローチが長いとかです。
 そこで、住まいを建てる時、防犯の見地から玄関やアプローチを考えていこうと思いました。道路と玄関の高さがいっしょだと、案外、道路から入りやすいことが分かりました。そこに人が隠れるくらいの塀があると、死角になります。さらに、門から玄関までに距離があって、植え込みなどがあると、死角になり、潜むことも簡単にできます。
 我が家は、敷地内にガレージを作る予定ですから、その分、盛り土をした上で、建物の基礎工事をしています。そのため、
地面より2m近い高さがあります。最初、道路と敷地の境に門扉を設ける予定でした。それも、重厚な金属製のものを考えていました。しかし、外部の侵入者を防ぐための重厚な門扉が、むしろ玄関アプローチの閉鎖性を高めることになることに気付きました。門扉をやめて、開放的な階段にし、階段の左右には花壇を設け、そこに季節の花を植えます。玄関は、道路と平行に設置しました。玄関の出入りは、道路からの視線にさらされることになり、自然と防犯に役立ちます。
念のため、玄関内の扉近くに防犯ベルをつけることにしました。このベルを押すと、玄関の外で、大音響がします。もちろん、防犯には完全とはいえませんが、家族の安全を守る住まいの入り口である玄関ですから、世間の視線も味方にして、防犯を強化したいと思います。

7月 19th, 2012 | 防犯 | コメントは受け付けていません。

  俗にいう泥棒に入られやすい住宅というのは、人の目が届かない死角が多く存在する住宅ではないかと思います。
 泥棒は深夜人が寝静まった頃に犯行に及ぶとは限りません。特に住宅街では日中に犯行が行われることが多いといいます。
閑静な住宅街はプライペート性を保つために住宅は庭とそれを取り囲むように塀が存在します。また昼間でも人の行き来がそれほどなく静かなため、昼間の侵入は容易いものです。しかし、立派な住宅にはしっかりとしたセキュリティ会社との契約で防犯カメラが設置されているため、泥棒は侵入にリスクが及びます。
狙われるのはこうした閑静な高級住宅街に隣接する新興住宅街かもしれません。比較的静かで昼間でも人通りが少なくセキュリティカメラの設置のない住宅は狙い目になるからです。
 セキュリティ会社との契約までとは考えないのであれば、自分たちで泥棒から家を守る対策を講じるほかないです。
 まずは住宅に死角を作らない努力から初めてみてはどうでしょうか。
高く囲む塀は低いフェンスに変えてみる。目隠しのつもりで植えた垣根の植栽の葉を間引いて隙間を作る。など、完璧に視線を遮らなくても十分に目隠しの意味は果たしてくれます。
むしろ日中でも人通りの少ない住宅街には完璧に隠す必要はないと考えます。それよりも泥棒が目をつけたくなるような要素を減らしておくほうが安全に暮らせるというものでしょう。
 泥棒は咄嗟の思いつきで空き巣に入る住宅を選ぶわけではないものです。必ず下見をしたうえで策を練り犯行に及びます。不審な人が住宅内を覗いている気配というものにも気づけるよう、住宅の囲いすぎには注意しましょう。

6月 7th, 2012 | 防犯 | コメントは受け付けていません。

もしも空き巣被害に遭ってしまったら・・・冷静ではいられないですよね。
しかしそういう時ほど冷静な判断をしなければいけません。
部屋の中は散らかされ放題になっているかもしれませんがますは何がなくなっているか、盗まれているかを確認しましょう。
金品、大切なモノや貴金属類は大抵決まった所に収納していることが多いと思うので確認できるはずです。
警察の通報することも大切ですが、ただ呼ぶだけでは場が更に乱れるだけなので取られたもの盗まれたものは何か把握することに努めましょう。
一度は空き巣に入られたら次はないだろうと何も対策しないままの方も多いようです。
私の友人は空き巣に入られた後、大分のリフォーム会社に防犯に強いリフォームをしてもらったそうです。
しかし空き巣被害に遭う方は何度となく同じように空き巣に入られている方が実は多いようです。
二度と同じように侵入されないように防犯対策を講じるようにしましょう。
どこから侵入したのかどのような手口で侵入したのかなどを把握し、二度と同じ手口で空き巣に入られないようにすることが大切です。
また玄関をピッキングなどの手口で開錠されて侵入された場合ですが、
一戸建ての場合はシリンダーごとピッキングに強いシリンダー錠やカード式の鍵に変えることをおすすめします。
大分の工務店でも新築で住宅を建てる際に使われる鍵はピッキングに強いものや二十六を薦めているようです。
通常の削り出しの鍵だと交換しただけでは再び被害に遭うことがあります。
賃貸アパートなどの場合ですと大家や不動産会社に鍵の交換を依頼しても同じ形式の鍵にしか交換してもらえないことが多いので
不安に感じる方は防犯対策を考えられた別の賃貸物件に引っ越すことも視野に入れましょう。

1月 22nd, 2011 | 防犯 | コメントは受け付けていません。

最近ではテレビでセキュリティーサービスのCMを見るようになりましたね。
しかし一般の方がセキュリティーサービスと契約したり、契約を考えることはめったにないと思います。
住宅会社や工務店が集客のためにセキュリティをアピールすることも増えてきています。
また最近では防犯の意識が上がってきたためか、ホームセンターなどでも防犯カメラが取り扱われています。
しかしセキュリティーサービスや防犯カメラをつけたとしても空き巣や泥棒といった被害に遭う可能性が0パーセントになるわけではありません。
セキュリティーサービスは警報があってから現場に駆け付けるまでのタイムラグがありますし、防犯カメラは映像を撮っておくだけで威嚇的な要素はややあるとしても侵入する行為を止められるわけではありません。
空き巣や泥棒から住まいや財産、そして家族を守るためには物理的に対策することが必要ではないでしょうか。
では物理的に防犯対策をする紹介をしましょう。
玄関ドアについては鍵をワンキーツーロックという1つの鍵で2か所開錠しなければ入れない玄関ドアを採用したり、鍵を通常の波型の鍵ではなくて楕円状のくぼみが複数ついているディンプルキーにするなどができます。
ワンツーキーロックの場合は開錠するまでの時間を稼ぐということができます。
ディンプルキーは空き巣が侵入の際に行うピッキングという開錠方法に強い仕組みになっているわけです。
窓に関してはたたき割りなどに強い強度の高い、合せガラスを採用するなど住まいに立てる時から組み込んでおける防犯対策の物があります。
私の友人も中古住宅を購入したリフォームの際に、インターネットのサッシ販売サイトから強度の強いガラスを使用したサッシを購入してサッシを入れ替えたそうです。
泥棒に対する防犯対策はまず簡単に住まいの中に侵入させないという所にあります。
泥棒が住宅に侵入を試みる場合、侵入までに5分以上かかる場合は侵入をあきらめると言われています。
5分以上かかればご近所から発見されたり、通報されてりする確率が高いというわけです。

9月 4th, 2010 | 防犯 | コメントは受け付けていません。

一戸建て、不動産物件の賃貸などを問わず侵入されにくい対策をしておくことが大切だと思います。
 
ダイレクトメールや、クレジットカード、電話会社の請求書また宅配便の送り状や、
電話会社の請求書には電話番号も明記されているものをそのまま捨てるのはやめましょう。
面倒だとは思いますが住所や名前、電話番号などの部分を黒く塗りつぶしたり、パンチで穴をあけたり、はさみでバラバラに切ってから捨てる様に心がけましょう。
またダイレクトメールから性別や年代が判ることもあります。
封筒も破ってから捨てるようにしましょう。
また自分の住まいが侵入しやすい住宅かどうか考えてみましょう。
防犯グッズを目立つようにまた玄関や庭にセンサライトを取り付けるようにしましょう。
防犯グッズの有効性は最近では薄れてきたとも言われていますが、住んでいる人が防犯に対して意識があるかないかを示すことが重要です。
また金銭的に余裕があるのならば警備保障会社のサービスを利用する事も考えましょう。
足場になるものはできるだけ置かないようにしましょう。
動かす事ができないエアコンの室外機や塀の上には植木鉢などを置き、侵入の手助けをするような脚立やはしごを家の周りや外におきっぱなしにしないようにしましょう。
窓には防犯フィルムや防犯アラームを取り付けましょう。
補助鍵をつけるのも有効でしょう。
格子は慣れた泥棒ならすぐに外せると言われますが少しでも侵入される時間を稼ぐ事も大切です。
また泥棒が一番気にするのは音がする事です。
庭や家の外周に玉砂利または防犯用の砂利をしく。
またドア開閉に対応したり、動くものに反応するアラームやチャイムの鳴るセンサーライトは有効です。

7月 7th, 2010 | 防犯 | コメントは受け付けていません。

空き巣狙いの被害に遭わない様に泥棒や窃盗団に目をつけられないようにするための方法がいくつかあります。
・まずは郵便ポストには鍵をつけましょう。
一戸建ての住宅はもちろん、マンションやアパートの玄関ホールやエントランスなどの共用部分に郵便ポストがある場合、郵便物を簡単に盗み見られてしまう事があります。
郵便物を見られるという事は個人情報をたやすく知られてしまうということです。
電話会社の請求書には電話番号も明記されています。
また郵便物がたまっていると、長期の留守中などは特に、留守であることを知られてしまいます。
・マーキングされたらすぐに消すようにしましょう。
知らない間に表札や水道、電気メーターなどに、マークや数字・文字、シールなどのマーキングをされている事があります。
マーキングとは訪問販売や空き巣が目印をつけていく事です。
マーキングの内容としては住んでいる人の性別、職業や訪問販売が成功したか、在宅時間や行動パターン等をマークや記号でつけていくようです。
このマーキングがいつまでも残っていたら、それだけで無防備な家と判断されてしまいます。
注意深く玄関周りやメーターボックスを確認してみましょう。
新しく賃貸物件を借りる際にもマーキングの有無を確認しておくのがいいかもしれませんね。
また不動産店に周辺の情報なども確認してみましょう。
マーキングを見つけたら即座に消しましょう。
できれば表札に家族の名前を記入しないようにする。
表札を見ただけで家族の人数や構成がわかり、留守や在宅の状況を把握されてしまいます。
表札はできるだけ名字だけにしましょう。

6月 27th, 2010 | 防犯 | コメントは受け付けていません。

空き巣狙いは侵入窃盗の約7割を占めているそうです。
ではどのような手口で住宅に侵入しているのかを挙げてみようかと思います。
・ガラス破り…現在、侵入の手口でいちばん多いのが窓や扉のガラス破りです。またガラス破りの新しい手口として焼き切りという方法があるそうです。
・ピッキング…特殊な金属工具を用いて解錠する手口です。ピッキングにより、鍵を破壊せずに開錠すると鍵の破壊と異なり、住民が被害にあった事に気づきにくく、また、慣れた者が単純な錠を開ける場合には短時間で開錠してしまうそうです。
・サムターン回し…サムターン回しとは、ドアの外側からサムターンと呼ばれるドアの内側の指でつまんで回転させる鍵部品を回すことによって開錠する方法です。。通常のドアの錠前は、外側から見える部分としては鍵穴しかなくその内部は複雑な構造になっている。しかし内側のサムターンを回すと容易に開けられる。侵入者はドアの郵便受けやドアの一部を破壊するなどして外側からサムターンをまわして侵入を試みます。サムターン回しで侵入し、室内を荒らさずに金品を奪い、サムターンを逆に回して施錠して逃走する場合があるようで、被害者が被害に気づきにくくなります。
・合鍵を使われるケース…不用意にも郵便受けや植木鉢の下などに隠してある鍵を探されて侵入されてしまうケースです。
・無施錠狙い…玄関ドアや窓の戸締りをしていない箇所から侵入する手口です。
最近ではアパートやマンション等の賃貸物件では隣同士の付き合いも希薄で誰が出入りしても気にしないという傾向にあります。必ず出かける際には施錠をしましょう。
 
様々なケースに対応するために販売されているグッズもあるので有効に使ってみましょう。

5月 23rd, 2010 | 防犯 | コメントは受け付けていません。

一戸建て住宅への泥棒の侵入、窃盗の続きになりますが、私の家の窓には格子が付いてあるので泥棒に容易には侵入されないだろうと考えている場合があるかと思います。
そして格子が付いているので安心して施錠しない場合があるかと思います。しかし慣れた泥棒からしてみれば格子は簡単に外すこともできるようなので安心できません。
また自分の住まいの窓ガラスには網入りガラスを使っているので割られにくいとお考えの方がいると思います。
しかし網入りガラスは一見防犯性が高そうに思えますが、実際には防犯効果は有りません。
ガラスが割れにくいイメージがありますが実際には防火ガラスとしての性能のために網入りになっているわけです。
火災の熱で割れても破片が脱落せず延焼を防ぐ効果のためです。
泥棒が侵入しようと網入りガラスを割った際に場合によっては割ったガラスが落下しないので泥棒にとっては普通ガラスより好都合になってしまうわけです。
地方や地域性によっては鍵をかけると留守だと気付かれるのでかけないというお年寄りもまだまだ多いようですね。
もしかりに窓に使われるガラスを防犯性の高いガラス交換したいという事であれば防犯ガラスやセキュリティガラスと名前が付いたものか合わせガラスにするのが良いようです。
合せガラスとは2枚のガラスの間に中間膜を設け、強度を高めたガラスです。
合せガラスは割れにくく、ドライバーなどでのこじ開けなどにも強い性能を発揮するようです。

1月 29th, 2010 | 未分類 | コメントは受け付けていません。

一戸建て住宅への泥棒の侵入、窃盗で最も多いのが窓や扉のガラス破りだそうです。
窓や扉のガラスを割ってそこから手や針金などで錠前を開ける手口が多いようです。
窓や扉のガラスを破る際に大きな音がして住んでいる住民はもとより周辺の住民の方や通りがかりの人が気付くのではないかと思うでしょうが、
熟練した泥棒はほとんど音を立てずにガラスを割る事ができるそうです。
また家の人間が留守中を狙って犯行を行う場合が多いため、誰にも気付かれずに犯行が行われてしまうようです。
次に多いのが鍵が掛かっていなかった場所からの侵入する方法のようです。
外出する時に鍵をかけない家があるのかと思うかもしれませんが、外出する時でもトイレや風呂場の窓を換気のために開けている家は非常に多いようです。
またちょっとそこまで行く数分、庭に出て植木に水をやるだけのほんの数分だからと鍵をかけないで外に出たりすることがあると思います。
そんな時に知り合いと会って立ち話をしてしまって意外と時間が経ってしまう事があると思います。
泥棒はほんの数分で侵入してしまいます。
用意周到な泥棒は狙った住まいの家族構成や家族の毎日の出かける時間や帰宅時間などの生活リズムを下見の時に確認しているようです。
ちょっと出かけるだけの数分を狙われて侵入されている事件が意外と多いようなので安心はできません。
鍵をかける事だけでも基本の対応策となりますので習慣づけていきましょう。

12月 14th, 2009 | 防犯 | コメントは受け付けていません。