私事だが、筆者は地区の仕事で市報や配り物をすることが多い。時には、回覧で間に合わない事柄を伝えるため、一軒一軒尋ね歩くこともある。
夜間に一軒ずつ尋ねまわっていると、かなりの家にセンサーライトが設置されていて、インターホンを押せばまぶしい光が顔を照らす。夜間とはいえ、中のモニターには割りとしっかり顔が表示されるようで、「こんばんは」と挨拶しただけで「ああ○○さん」と返答してくれる。
光や音は、よからぬことを考えている者には、とてつもないプレッシャーになる。防犯効果は十分にあるといえる
センサーライトは近づく点灯する。これは熱源を感知しているからだ。しかも暫くついているし、設置角度を変えることで、センサーライト自体の弱点(センサーライトに対して真正面から近づいた場合)も減らせる。
屋外についていることが多いが、室内にも設置しているとスイッチ無しで電気がつくし、何もないときに点灯したなら「何か」いるかもしれない。
どんなに上手に隠れても、熱源を逃さないのがセンサーライトのいいところだ。さらに安価で取り付けもしやすい。防犯対策としては手軽だ。
またインターホンも泥棒にプレッシャーを与えるには十分だ。よく泥棒は、狙った家に人がいるかどうかを確認するために、宅配業者などを装ってドアホンを鳴らしたりすることがあるそうだ。何も応答がなければ、当たり前だが家の中に人はいない。だが、家の中に人がいなくても、その訪問者の画像を手持ちの携帯端末に転送して、外出先でも誰が訪ねて来たか分かるようになっているものがある。また不審者が近づくと、音声で警告を出すものもある。センサーライトの音声版といったところか。光より、声のほうが撃退力は高そうだ。センサーライトやインターホンは、住宅の手軽な防犯対策といえる。

8月 29th, 2013 | 防犯 | コメントは受け付けていません。

鍵といえば金属の鍵が一般的だ。一昔前では、合鍵を庭の石の下やボイラー口のそばに隠したりして、親が帰っていなくても子どもは鍵を開けて家に入れた。または紐に鍵を通して肌身離さず持ち歩く「鍵っ子」か。しかしどっちも防犯上、危険度はかなり高い。
なら、金属の「鍵」をなくしてしまおうとなったのか、最近では金属の「鍵」ではない、「鍵」が普及している。
車のキーレスエントリーのように、鍵穴に直接鍵を挿入しなくても、ドアノブに触れたり、ドアに近づくだけで鍵が開く商品だ。
カードキータイプの「鍵」は、ICカードだ。カードをかざしたり、近づいたりすると鍵が開く。これだとお財布やパスケースに入れておけるし、かざすだけで良いので、夜間など鍵穴や向きを探る必要もない。
カードタイプではなく、スマートキーと呼ばれる小さな端末(リモコンキー)を持ち歩くタイプもある。
カードをかざす必要もなく、ドアにつけられているアンテナに近づくだけで開錠される仕組み。もちろん、ドアから離れればまた自動的にロックされる。
鍵の閉め忘れも防止できるメリットがあり、リモコンキーの電池が切れても、所定の操作で鍵の開け閉めが出来る。リモコンキーは数個登録できるので、家族全員が持つことが出来るし、鍵を操作するのにかばんから取り出す必要もないので、雨の日や荷物が多くても楽ちんだ。
デメリットとしては、寒冷地などでは外にアンテナをつけられない場合があることと、自動ロック機能がついていると、うっかり締め出される危険がある。またリモコンキーが結構割高なうえ、合鍵のように手軽に店で作れない。家族分そろえたり、故障したりすると、一万数千円程度かかってしまう。
スマートキーやカードキーなど、技術の進歩とキーの値段は比例するが、その値段をカバーできるほどの機能がある。高いかそうでないかはひとそれぞれだが、一般の鍵に比べたらはるかに強固で安全な鍵ではある。

7月 15th, 2013 | 防犯 | コメントは受け付けていません。

さて、どうして泥棒はガラスを狙うのだろうか。それはガラスが脆いからだ。しかし、ガラスは無理やり割れば大きな音がするのだが、彼ら泥棒は長年のノウハウというか、技術の進歩というか、私たちが思いつかないような大胆な手段で住宅を狙う。
ガラスを破る際に彼らが良く使う手法が「焼き破り」や「こじ破り」なのだそうで、防犯性能の高いものにつく「CPマーク」を取得している商品の性能試験では、のきなみ、これら「こじ破り」や「焼き破り」に一定時間耐えるかどうかが試験項目に入っている。
そんな「こじ破り」は、サッシ部分の溝にドライバーを差し込んで小さな穴を開け、直接鍵を開ける手法だ。焼き破りは、急激な温度変化に対して脆くなるガラスの特性を利用して、火であぶったり、水をかけたりしてガラスに穴を開ける。
どちらもごく普通にありふれた道具で破れる上、物をぶつけたり、叩いたりして割るわけではないので、大きな音も出ない。隣近所にもばれない。施錠をきちんとしていても、破られてしまうのだから、困ったことだ。これは一戸建ての話だが、集合住宅だと泥棒にとってはさらに侵入しやすい条件になっているようだ。
というのも、中層階あたりだと、一階などに比べてまず入られないだろうという油断があるせいか、ベランダの窓など施錠していないケースがあるという。侵入するにしても窓を破ったり、鍵を壊したりする手間がない。最近の統計を見ても、窓破りよりも無施錠でやられたケースが若干上回っている。我が家もアパート住まいのときに2階だと安心していたら、泥棒に入られ、帰宅して鉢合わせたことがある。
いくら防犯効果のあるガラスを入れても、無施錠では意味がない。大切な財産や家財道具を守るためにはガラスの防犯対策もそうだが、自分自身が防犯の意識を高めることも重要だ。

5月 19th, 2013 | 防犯 | コメントは受け付けていません。

  住宅に必要不可欠なのは、耐震性と防犯です。
 最近の住宅には耐震性を高めるためのさまざまな工夫がされています。埼玉の注文住宅に耐震性に特化した建材を使って建てられているものがあります。
 各メーカーでは独自に開発した耐震金具や建材、技術を駆使して住宅を建てる努力をしています。お客様に安心して暮らせる家を提供できることに、力を注いでいます。
 施主側は、それぞれの特徴を見比べて、納得のいくハウスメーカーに依頼をするわけです。その考察のしかたは人によりけりです。
 また、都心部に近いほど空き巣の被害が大きくなります。留守だけではなく、中に人がいる状態であるにも関わらず、巧みに侵入する手口もあります。特に一戸建て住宅は階層が複数階に分かれるため、人のいない階は狙われやすくなります。実は留守宅よりも居空きに遭う被害のほうが、人命をも脅かす場合があるので危険なのです。
 玄関ドアのみならず、簡単な施錠しかされない窓部分の防犯にも気を配るのが適切です。特に1階の窓にはシャッター式の雨戸や、簡単にはずせないタイプの窓格子や柵をきちんと取り付けておくようにします。
 設計の段階で、簡単に2階ベランダにあがってこられないような造りにするなどの配慮をしながら建てることをお勧めします。
 耐震性と防犯がしっかりとできている住宅であれば、安心して暮らせます。安心を得ることが暮らしやすさにつながり、それが家庭円満にもつながっていきます。
 選択枠は豊富に準備されているのですから、ゆっくりと吟味をし、最良の終の棲家を得られるといいですよね。

4月 29th, 2013 | 防犯 | コメントは受け付けていません。

 このように大分で不動産を見つけて暮らしてきました。
住みことによりわかる良さもあると同時に、住むことによって次につなげたい事がわかってきました。まず、女性の一人暮らしであるとことをよく考えて物件を探すということです。
家賃の安さやほかの条件に目移りしてしまい、肝心な安心という部分を見逃してしまうこともあります。
安い家賃であっても、何か事件が起こってしまえばお金以上の物を失うことになります。物件を選ぶ時に、そのアパートが防犯やセキュリティーが安全であることをまず確認することが大切だと思いました。
その方法としては、どのような玄関の鍵を使っているか、インターホンにカメラなどがついているか、1階としても防犯上問題はない工夫がされているかなどです。また、駐車場の場所もアパートの敷地内にあることも契約前に確認するといいと思いました。
もし、敷地外としてもアパートまでの道のりに外灯があり、明るい事や一目のつく道であることを事前に確認しておくべきだと思います。このような安全の確認と一緒に、物件選びは日程に余裕をもって探すのが一番だと思いました。
どうしても急な引っ越しなどで日程に余裕がないこともあるかと思いますが、日程に余裕があると自分の条件に1番あった物件を見つけることができます。すべてが完璧な条件の物件を探すというのはとても難しいことですが、物件選びにより生活の様子も変わってきます。毎日の生活が少しでも豊かなになるために物件選びは慎重に行いたいものです。
今から卒業・新生活を始める皆様の参考になれば幸いです。

3月 9th, 2013 | 防犯 | コメントは受け付けていません。

学生の頃、住んでいたアパートでも恐怖体験をしましたが、社会人になって借りたアパートでも恐怖体験をしました。
このアパートに住むまでは、車を持っていなかったのですが、仕事をはじめて数年後車を購入しました。車を買うと駐車場が必要になり、このアパートを決めた大分の不動産へ電話をしました。すると、この敷地内の駐車場はすでに満車なので少し離れた駐車場しかもうあいてないとのことでした。
離れていたとしても、どうしても駐車場が必要である為、駐車場を新たに契約することにしました。その駐車場の場所は、アパートの裏にある草村のような場所でした。駐車場として線などが引いてあるわけでもなく、普通の草村の好きな場所に停めてよいと言われました。
仕事上、夜遅くなることがありました夜この駐車場は、外灯が一つもありませんでした。その為、車の電気を消すと真っ暗になりました。アパートまでは徒歩1分程でしたが、夜中に帰った時は、この道のりが怖くて仕方ありませんでした。ちょうどその頃、いろいろな事件が近くであった頃だったのでなおさら怖く感じました。
アパートまでの道のりは、いつも携帯をかけるふりと懐中電灯が欠かせませんでした。アパート自体の防犯やセキュリティーはとてもいいものでしたが、駐車場というもので恐怖を感じることになるとは思いませんでした。
夜の怖さもありましたが、駐車場が草村の為、夏場は草村の中に車を突っ込む事になり、汚れや傷がひどかった です。駐車場の件は、車を利用する前から確認しておくべきだったなと後悔しました。

2月 16th, 2013 | 防犯 | コメントは受け付けていません。

持ち家だろうが、借家だろうが、そんなもの関係なく、金目の物を狙う稼業の方がいる。「泥棒」だ。最近の住宅やその設備を見ると優れた防犯対策がされている。
しかし、住宅が泥棒に強くなると、彼らも同時に侵入の攻略法を編み出していく。正直、迷惑極まりないのだが、泥棒にとってはそんなの関係ねえといったところだろうか。そこで、最新住宅の防犯対策を見てみる。まず、対策キーワードが3つある。
①侵入や開錠に時間をかけさせること。
②ピッキング対策で侵入されないようにすること。
③音や光を有効活用し、人の気配や目があると泥棒にプレッシャーをかけさせること。
この3つだ。侵入に時間がかかるということは、それだけ人の目に触れる可能性が高くなる。隣に誰が住んでいるかわからない単身者のマンションなどでも、挙動の怪しい人間というのはなんとなくわかってしまうし、意外に近所間の連携が取れている住宅地では、すぐにマークされて、回覧かメールで不審者情報が回ってくる。ましてや堂々と錠前破りしていたら、問答無用でアウトだ。
次にピッキング対策だが、一戸建ての鍵でも意外に簡単に開けられるものが多い。玄関の鍵を2つにしたり、たくさんのパターンがある錠前を使うことでピッキングを防ぐだけでなく、前述の侵入時間が長くなる。泥棒にとっては、それだけ危険が増大する。
最後に音や光の有効活用だ。我が家では玄関先にセンサーライトを設置している。割とどこのご家庭でも利用されているが、夜間の帰宅には明かりがついて玄関先を照らしてくれて便利だし、何より泥棒は光で照らされるのを嫌がる。ホームセンターなどに売っているからいつでも買えるし、設置も難しくはない。安価で手軽な対策といえる。また住宅の周囲に音の出る砂利を敷いたりするのも効果的だ。昼間でも家の周囲に人がいることがわかるし、どんな歩き方をしても絶対に音が出るというのは、泥棒が嫌がる要因だ。泥棒はどんな家にでも狙いをつけるが、彼らが嫌がって諦めてくれるような防犯対策が出来れば、家は守られるし、犯罪者も増えなくてすむ。社会にとってはメリットが多いはずだ。

12月 13th, 2012 | 防犯 | コメントは受け付けていません。

 最近は強引な訪問販売業者や宅急便などを装った強盗など、玄関から堂々と入ってくる犯罪者が増えています。堂々といっても、特別な怨恨や目的がない限り、できるだけ、犯罪がスムーズに成功する環境を選んでいます。例えば、玄関が道路から見えにくいとか、塀に囲まれているとか、或いは、門から玄関までのアプローチが長いとかです。
 そこで、住まいを建てる時、防犯の見地から玄関やアプローチを考えていこうと思いました。道路と玄関の高さがいっしょだと、案外、道路から入りやすいことが分かりました。そこに人が隠れるくらいの塀があると、死角になります。さらに、門から玄関までに距離があって、植え込みなどがあると、死角になり、潜むことも簡単にできます。
 我が家は、敷地内にガレージを作る予定ですから、その分、盛り土をした上で、建物の基礎工事をしています。そのため、
地面より2m近い高さがあります。最初、道路と敷地の境に門扉を設ける予定でした。それも、重厚な金属製のものを考えていました。しかし、外部の侵入者を防ぐための重厚な門扉が、むしろ玄関アプローチの閉鎖性を高めることになることに気付きました。門扉をやめて、開放的な階段にし、階段の左右には花壇を設け、そこに季節の花を植えます。玄関は、道路と平行に設置しました。玄関の出入りは、道路からの視線にさらされることになり、自然と防犯に役立ちます。
念のため、玄関内の扉近くに防犯ベルをつけることにしました。このベルを押すと、玄関の外で、大音響がします。もちろん、防犯には完全とはいえませんが、家族の安全を守る住まいの入り口である玄関ですから、世間の視線も味方にして、防犯を強化したいと思います。

7月 19th, 2012 | 防犯 | コメントは受け付けていません。

  俗にいう泥棒に入られやすい住宅というのは、人の目が届かない死角が多く存在する住宅ではないかと思います。
 泥棒は深夜人が寝静まった頃に犯行に及ぶとは限りません。特に住宅街では日中に犯行が行われることが多いといいます。
閑静な住宅街はプライペート性を保つために住宅は庭とそれを取り囲むように塀が存在します。また昼間でも人の行き来がそれほどなく静かなため、昼間の侵入は容易いものです。しかし、立派な住宅にはしっかりとしたセキュリティ会社との契約で防犯カメラが設置されているため、泥棒は侵入にリスクが及びます。
狙われるのはこうした閑静な高級住宅街に隣接する新興住宅街かもしれません。比較的静かで昼間でも人通りが少なくセキュリティカメラの設置のない住宅は狙い目になるからです。
 セキュリティ会社との契約までとは考えないのであれば、自分たちで泥棒から家を守る対策を講じるほかないです。
 まずは住宅に死角を作らない努力から初めてみてはどうでしょうか。
高く囲む塀は低いフェンスに変えてみる。目隠しのつもりで植えた垣根の植栽の葉を間引いて隙間を作る。など、完璧に視線を遮らなくても十分に目隠しの意味は果たしてくれます。
むしろ日中でも人通りの少ない住宅街には完璧に隠す必要はないと考えます。それよりも泥棒が目をつけたくなるような要素を減らしておくほうが安全に暮らせるというものでしょう。
 泥棒は咄嗟の思いつきで空き巣に入る住宅を選ぶわけではないものです。必ず下見をしたうえで策を練り犯行に及びます。不審な人が住宅内を覗いている気配というものにも気づけるよう、住宅の囲いすぎには注意しましょう。

6月 7th, 2012 | 防犯 | コメントは受け付けていません。

この所、地域の方との挨拶をできるだけ多く仕様と心がけています。
以前にも書きましたが自宅周辺・近隣への関心やコミュニケーションが希薄な地域・住宅街ではでは空き巣や泥棒、ひったくりなどの犯罪の割合が高くなる傾向があります。
普段からの何気ない挨拶が東日本で起きた地震など有事の際に被災者同士の助け合いの心がより強くなると思います。
今現在、被災地では仮設住宅の建設が行われていますが、全ての方が建設された仮設住宅に入居できるまで最短でも半年はかかると言われています。
その間、学校の体育館や公民館などの一時避難所での生活が続くわけですが、
複数の方が一つの空間に過ごすわけですからプライバシーは保護されず、みなが気を使いながら生活していることでしょう。
避難所は近くの学校や公民館ですからやはり普段から顔を合わす人が多いことでしょう。
その時に普段から挨拶して話をすることがあった人とただ顔だけは知っている人とでは印象も助け合いの度合いも変わってくるのではないでしょうか。
また実際の被災地では昼間はお互い協力して散乱した物の片付けなどを協力しながら行い、共有できるものは惜しまず提供するという状況での共同生活を送っているようです。
また被災地では余震が続いているために自宅で生活している人なども施錠をせずに玄関を開けたままの生活を送っていることを考えると信頼関係があってこその状況だと言えます。
お互いがお互いのことを気にかけ考えながら生活できるのは普段のコミュニケーションと地域で助け合いの精神だと思います。

4月 15th, 2011 | 防犯 | コメントは受け付けていません。